故人との別れを優先させる家族葬の特徴とメリット

家族との別れをコンセプトに優先させる葬儀です

家族葬のプラス面とマイナス面を認識されたうえで、実行することをおすすめします。葬儀においては、三つの別れが入るといわれます。ひとつは、故人と家族そのものとのわかれ、そして、もうひとつは、社会的関係者との離別、さらに、この世界との離別になります。オーソドックスな葬式での優先度につきましては、社会的な面が優先されることになり、ファミリーや親族との離別は、後に回すことになりやすいといえます。家族葬に関しては、家族そのものとの離別をテーマに最優先させる葬儀といえます。

真心のこもったアットホームな葬儀といえます

家族のみで行う葬儀を遺言で希望しているひとは、自分自身のことを思っている家族そのものと身近な人で送り届けてほしいという希望が強いといえます。それほど関係性のない弔問客によってかこまれた形式上の葬儀を遠ざけられているのでしょう。さらに、家族が、こういった形骸化した葬儀に左右されないようにくみ取っているかもしれません。心の底から偲んでくれる人物によって最期を看取ってほしいと考えられます。しめやかに偲び、心がこもった家族的な葬儀が、特徴といえます。

家族によって行われる葬儀のメリット

オーソドックスな葬儀を実施する場合、親戚、あるいは知人それから、ビジネス的な付き合いがあった人など数多くの人が参列します。故人のお別れの場所として、参列者多いほうが良いと考えるかもしれませんが、家族から考えると次から次へとしなければいけないことがあり、義務的に葬儀を行わなれるケースは少ないとは言えません。葬儀後に、疲れがきっかけとなって、場合によっては、寝込んでしまうかもしれません。これに対して家族葬につきましては、基本として家族だけで取り組むものです。その結果、挨拶や気遣いなどが不要ですし、心の底から故人との別れを惜しむ方たちと、時間を過ごせます。それに加えて、オーソドックスな葬儀では、実行することは確定されています。しかしながら、家族葬のケースでは、葬儀の古くからのイメージ捕われることは不必要です。加わるのが家族だけというスタイルになりますので、音楽が好きだったならミュージックをかけるということができます。家族のみしか参列することはありませんので、好きだったミュージックに耳を傾けながら最後の時間を確保することもできます。家族だけにしかできない葬儀をプロデュースすることができます。