身内で行われる家族葬の費用と香典の取り扱い

家族が中心に執り行う葬儀の特徴

家族葬と言いますのは、ここにきてニーズが高まりだした新たな形での葬儀の形式で家族が核となって施行されることになる葬儀といえます。コストの節約それから、家族だけの非常に小さい葬式という印象を持たれることが多いですが、この形式は、これまでの葬式では納得がいかない人や穏やかに故人との別れをしたい方のためのものと言えます。家族、あるいはごく親しい身内だけで安らいでお別れを告げることが可能ですし、たくさんの参列者を気にせず落ち着いて時間を過ごせます。

家族葬で必要になる費用に関して

コストに関しては安価だと先入観を持たれがちですが、オーソドックスな儀式とは違った中身を依頼するケースなどは、反対に別途料金がかかるケースがあります。オーソドックスな葬式と同じ様に行う場合も、親族だけなので香典が入らないということもあって、参列数や祭壇等のグレードなどによっては、オーソドックスな葬式よりも高くなることもあり得ます。家族葬のケースでは、一般的な祭壇を用いて、家族などの身内などの少ない人数で行う場合には、30から50万円がベースとなると見込んでおくとよいでしょう。料理、あるいは返礼品、それからお布施などは別途となっていますので、人数が増加したり、高額なお布施になるケースなどはなお一層コストが増えます。基本的にオーソドックスな相場としましては、全国平均の半分~4分の3くらいと見込んでおきましょう。

香典の取り扱いに関するポイント

家族葬のケースでは、家族、あるいは親族などの身内は香典をどうするか、あらかじめ確認し合うことができます。しかしながら、知人の状態で特別に招かれたケースではどうすればよいかという問題があります。先方から、遠慮する旨の通知があったケースでは、持参しないのが礼儀作法です。しかしながら、なにひとつ言われていないケースもあり得ます。一般的に考えて、家族で行う葬儀と告げられているケースには、香典を要しないケースがあります。元を正せば、頂いた時に誰から受け取ったかを一切合切控えて、参列者において不幸があったケースでしっかりと持参するというしきたりがあります。そうした面倒をなくす為に家族で葬儀をしている人もいらっしゃいますので、受け取らない方のほうが多数になります。その一方で、良く分からないケースでは大事をとって、包んで持参して、先方が断わると持ち帰ると賢明といえます。