家族葬の斎場は料金以上にメリットがあります

葬儀の価値観が大きく変ってきました

今の時代は何でもインターネットで片付くことから、簡易的な効率の良い仕事が増えてきています。同じように葬儀なども小規模化していることからも、価値観の変化というのがここ近年ではかなり進んできたといえます。少し前まではごく一部の人がやっていた家族葬などは、今では人気のある葬儀となっています。実際の参列者が20人から30人くらいで行うために、親戚や知り合いでも亡くなったことを知らせないで葬儀を済ませることもできます。

小規模でも段取りをやることです

どのような場合にしても斎場を使うわけになりますので、料金はある程度かかってきます。どのくらいかかるのかというと、一般葬では100万円近く葬儀にはかかってきますが、家族葬はその半分の50万円くらいでできます。また10万円台くらいからもありますので、葬儀会社に相談することで決めることができます。祭壇なども小規模にすることによって斎場費用をかけないですみますし、遺影写真なども簡易的にすることもできます。様々な部分で費用を考えることができますので、無くなる前に遺言で残しておく人も少なくありません。式場運営スタッフなどは欠かせることはできないので、しっかりと用意しておいたほうがスムーズに葬儀などは進みます。またお寺さんでもすぐに伝えておくと準備をしてきてくれますし、スムーズな準備をしておくには前持った段取りが重要になります。

スムーズにやりやすい環境になっています

遺族にとってメリットがあるのは、料金の問題ではなく精神的な負担が少なくなるという部分です。親族などをたくさん呼んでしまうと対応することに時間がかかり、故人との気持ちを整理することができないまま火葬まで終わってしまうこともあります。たくさんいるのではなく家族だけであれば気兼ねをすることもなく、また故人の話や昔懐かしい話などもできるので精神的な負担がありません。自分達で死に対して向かい合うことができるために、日常生活にも戻りやすいということがいえます。もちろん一般葬でもまずいわけではありませんが、多くの人が小規模斎場で葬儀をやっていることからもわかるように、やりやすい環境になっていることがわかります。スタッフも少なくスムーズに進んでいくことができることや、料金もわかりやすいということからも葬儀会社でも多くのところが家族葬を推奨しています。これらは時代の移り変わりによって価値観が大きく変ってきたからだとわかります。