家族葬と一般的なお葬式との違い

参列者の人数が大規模か小規模か

お葬式というと、さまざまな方を呼んで大規模に行う一般的なスタイルをイメージする人も多いでしょう。しかし最近では、家族葬と呼ばれるスタイルを選ぶ方も増えてきており、特に都市部では主流になっていると言われています。ですが、一般的なスタイルと何が違うのか今一つ分からないという方も少なくないでしょう。では一番の違いは何かというと、それは参列者の規模が違うということが言えます。一般的なスタイルでは、身内以外にも会社関係者やご近所の方などの幅広い立場の方たちを招くため、参列者が50名や100名といった大規模なものになるのが特徴だと言えるでしょう。しかし家族葬の場合は、遺族や親族といった身内や、ごく親しくしている友人・知人などに参列者を限定して行うため、参列者の人数も数名~30名といった小規模なものになります。また小規模といっても、どの範囲の方まで呼んだらいいのかということには決まりがないため、それぞれの希望や事情に応じて選ぶとよいでしょう。

費用面や式の雰囲気にも違いがある

次に、費用面に関しても、家族葬は一般的なスタイルよりも安いという違いがあります。主に葬儀社へ支払う費用である葬儀一式費用だけで見てみると、一般的なスタイルのおよそ半分にあたる50万円程度の費用で済ませることが可能です。お葬式の費用というのは、参列者の人数によって変わってくる部分が多いため、小規模なスタイルだと安くできるということです。ただし、参列者の人数が少ないということは香典も少ないということなので、予算を考える際は、香典収入はあてにできないということを考慮すべきだと言えるでしょう。さらに、お葬式の雰囲気に関しても、身内だけの小規模なスタイルの場合は、大規模なスタイルと違って参列者の対応に追われるということがないという違いがあると言えます。ですので、比較的静かで、ゆったりとした式が行えると言えるでしょう。

一般的なスタイルとは違う注意点

そして一般的なスタイルとは違う、家族葬ならではの注意点としては、お葬式に参列できなかった方が後日自宅へ弔問に訪れるケースがあるということが挙げられます。ですので、弔問に訪れる方と日時等の調整を行うなどの手間がかかることがありますが、弔問していただくことはありがたいことなので、断ることなく訪問をお受けするようにしましょう。また、一般的なスタイルであるなら呼ばなければならないような方に対しては、身内だけで行うという趣旨をあらかじめ十分に説明し、理解を得ておくことも必要だと言えるでしょう。