通常の葬儀と違うことを事前に理解してもらう

家族葬は故人との最後の別れを家族が決めることができるため、家族だけでなく親しい人も参列することができますが参列できない人も出てしまいます。通常の葬儀とは違うためマナーや気遣いが必要になります。家族葬を行うときには親戚は呼ばないケースも多く終わったあとにどうして連絡をしてくれなかったのかといわれることもあります。事前に家族だけで行うことを伝えておかないと理解してもらうことができません。葬儀後には故人の逝去の案内をハガキなどで伝えることがマナーとなります。ハガキを送ったあとにはお別れをしたかった方から故人を偲ぶために弔問に訪れることあるため、突然の訪問にも対応できるようにお菓子などを用意しておきます。

服装は一般的な葬儀と同様に香典や供花は指示に従う

家族葬に参列するときには通常の葬儀と同様の服装を着用します。参列者として基本的には喪服か礼服を着用し、男性の場合にはシングルまたはダブルのブラックスーツ、白いシャツそしてネクタイや靴そして靴下は黒を着用します。女性の場合には、黒のワンピースまたはアンサンブルかスーツなどを着用し、靴やストッキングそしてバッグなどは黒にします。服装では肌の露出は避けるようにします。子供の場合には制服があれば制服が清掃となりますが、なくもカジュアル過ぎない落ちついた色の洋服で大丈夫です。香典は通常違って辞退されることが多く用意しておかなくて大丈夫です。事前に香典や供花を辞退の連絡があったらそのまま受け止めます。連絡があったのにも関わらず用意すると香典返しの用意といった逆に故人家族の負担をかけてしまいます。何も連絡がなかったときには香典は用意しておきます。

呼ぶ範囲と呼ばれなかったときのマナー

家族葬とを行うときの案内は家族だけというときには親族には声を掛けませんが、一緒に参列者として故人を偲んでほしいときには友人でも声をかけます。呼ぶか迷った場合にはお呼びするといった臨機応変に呼ぶため、参列者の範囲は決まっていません。ですが、一般の葬儀のように会社関係の人や近所の人を呼ぶなどはないため、当日まで参列者の人数がわからないということはありません。逝去を知っても案内がなかったときには参列は控えるようにします。連絡があっても身内だけで送ることが記載されていたり、故人からの辞退の意向などの文言が記載されている場合には参列を控えることが参列する側のマナーです。葬儀の日時や場所が記載されていたときなど参列に迷ったときには故人の家族に確認してみます。

ご葬儀に対してのお見積りや資料請求も行っております。 地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 お客様の気持ちに寄り添いながらも心が温まるような素敵な時間を提供致します。 費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 お客様の予算・プランに合わせた家族葬のご相談は昭和セレモニーへ